節目のタイミング

去年が芸能の方のデビュー二十周年だったんですけど、今年が「卍」レゲエミュージシャンとしてレゲエとして活動しだして十年という節目。気がついたらという感じですけど。いつの間にか十年単位で物事が進んでいるタイミングで、ふと振り返ってみるみたいな。常に全力、全開だから、十年前の曲なんて恥ずかしくて聴けないとかはないですね。声の出し方とか、スキルだったりとかはちょっと恥ずかしいっていうのはありますけど。歌っている事だったりその時思っていた事とか、それを自分の魂にのせて行く進み方とか。それはもう当たって砕けろじゃないですけど、成った形が自分の形と思ってきたんで、全部の瞬間がめでたいというか、ありがたいっていうか。そういう気持ちで今も来ているのが何より嬉しい事だし、ここからもう一個次のステージがなんとなく自分のビジョンの中で見えだしていて、うん、なんかすごくいい感じです。

続きは本誌でお読みください!〜